刻印機やローレットなどの技術情報『ローレットページ5@切削ローレットの基礎知識』

ローレット情報総合トップ

ローレットの仕様、選定から加工方法や品質向上まで



ローレットの基礎

切削ローレットの基礎知識

工具屋そりたけです。

第5回は切削ローレットの基礎知識。
【刻印機 ローレット】ローレット加工画像
切削ローレットを販売している側として一番良く言われるのが
「こんなに奥が深いと思わなかった」
の一言です。
これは年配の方ほど、お聞きするセリフですね。

昔からローレットと言えば、転造。
言わせてみれば。

ギザギザの駒をピンに差して押し付けりゃ出来る。
加工条件?そんなもんは回ってりゃいいんだよ。
時々油かけてね、ピュピュっと。

と皆さんおっしゃいます(笑)
馬鹿にしているわけでは無く、本当にそれでローレットは出来ましたし、それでOKなのです。
では何故わざわざ奥が深い切削なのか?
それは前述でふれてきましたが「精密かつ精細な尖ったローレットを作る」につきます。

切削ですので、転造と違いシビアになる点がいくつもあるのです。
下記に列記します。

@芯の高さ  :  ワーク芯をとらえてないと目が曲がりやすい、ダブりやすい
A加工条件  :  遅い加工条件だと刃先に負荷が掛かり、刃先が欠けたり破損したりしやすい
Bツールパス :  ただ押し付けるだけ、ではなく押付⇒Z送りで切削していく
C切削液   :  切粉が出るので切粉を流す必要有り、刃先の熱摩耗も冷却で防ぐ

他にも色々あるのですが、まずは上記4点が切削のキーとなるポイントです。
その中で全国からたくさん問合せが来るトップが

【目が曲がる】
【目がダブる】
【刃がもたない】

この3つです。

ローレット加工とは


旋削加工 (機械加工現場診断シリーズ)

新品価格
¥1,890から
(2014/3/15 20:57時点)


おすすめの西先生の加工読本・・・私はこの本で勉強しました!

外部参照サイト

刻印機情報サイト @山田マシンツール

 刻印機について
 ナンバリングヘッド
 ネームプレート刻印機
 エアペン刻印機
 ハンディタイプ刻印機
 レーザーマーカー(レーザー刻印機)
 樹脂専用刻印機
 精密ローリング刻印機
 刻印事例紹介
 刻印でのトレーサビリティ

刻印総合情報サイト @THEマーキング

 マーキング(刻印)とは
 マーキング(刻印)の種類
 素材別マーキング(刻印)
 マーキング(刻印)の機械化
 これからのマーキング(刻印)
 マーキング(刻印)事例

特殊工具情報サイト @山田マシンツール

 ローレットとは
  QUICKナーリングツール
  ローレット事例紹介
  ローレットトラブルシューティング
  ローレットQ&A
 ねじ転造とは
  ALCOねじ転造ヘッド
  ALCO転造ダイス
  JBO転造ダイス
  ねじ転造事例紹介
  ねじ転造トラブルシューティング
  ねじ転造Q&A
 バリ取りとは
  HSDハイスピードデバリングツール
  バーカットBC
  NIPPS工法
  バリ取り事例紹介
  バリ取りQ&A
 バニシングバイト
 アングルヘッド

技術紹介ブログ @工具屋さん奮闘記

 機械加工技術


刻印機・ローレットなどの技術情報

そりたけブログ:工具屋さん奮闘記 本気で痩せてみろ! 機械工具マスターへの道
技術サイト:山田マシンツール 刻印機 ローレット ねじ転造 THEマーキング 刻印種類