刻印機やローレットなどの技術情報『ローレットページ2@ローレットの山の形』

ローレット情報総合トップ

ローレットの仕様、選定から加工方法や品質向上まで



ローレットの基礎

ローレットの山の形


【刻印機 ローレット】切削ローレットカッタ ローレット駒
第2回はローレットの山の形について。

ギザギザな形状のローレット、特に平目でみんな勘違いするのが
「ギアとして使えるの?」という話。
よく言われますが、もちろん回答は 出来ません 。

ローレットというのは元々とてもアバウトなもので、ギザギザの
傷をつける事で滑り止めとして使うのが本当の用途です。
でも、形は同じなんだから使えるでしょ?と言いますが。
そもそもローレット加工自体が旋盤で回転しながら加工をするので
1周の山数が安定しないんです。


たとえばφ100の丸棒にピッチ0.8のローレットをする際に、1周で
何山あると思いますか?
計算では、直径×円周率÷ピッチ:100×3.14÷0.8=392.5山です。
この半端な0.5山となる部分が加工前の径や刃物の摩耗などで、
1山増えたり減ったりするのです。
(正確に山数を数える際は外径では無くピッチ円で計算します)

だからこそ、山数の合わないローレットはギアには使えないのです。

もちろん、山角度を鋭角にする事でローレット山は更に安定させる
事が出来るのですが、規格の上では山角度は全て90度で換算する為
イレギュラーな角度はなかなか設定しにくいのです。
極端な鋭角山は刃欠けを起こしたり、鈍角山は刃の底滑りを起こしたりと
それはそれでトラブルが絶えません。

上記から、高精度な加工管理をすればギアとしての使用は出来るかも
しれませんが、結局は管理ばかり大変すぎて通常のギア加工よりも
コストが掛かるのが結論です。
ローレットは、あくまでギザギザ加工、なのですね。


余談ですが、計算上半端になる山はどうなるのか?中途半端なのか?
良く質問を受けますが、答えは一つです。
「中途半端な山が1山だけ成形される」のです。
遠くから見たら、そんなにわかりませんけどね。
これを無くしたいなら、ピッチを合わせるか円周を合わせるかです。

もし、そこまでこだわったなら「ローレットマスター」の称号を
与えられてもおかしくないですが(笑)

ローレット加工とは


旋削加工 (機械加工現場診断シリーズ)

新品価格
¥1,890から
(2014/3/15 20:57時点)


おすすめの西先生の加工読本・・・私はこの本で勉強しました!

外部参照サイト

刻印機情報サイト @山田マシンツール

 刻印機について
 ナンバリングヘッド
 ネームプレート刻印機
 エアペン刻印機
 ハンディタイプ刻印機
 レーザーマーカー(レーザー刻印機)
 樹脂専用刻印機
 精密ローリング刻印機
 刻印事例紹介
 刻印でのトレーサビリティ

刻印総合情報サイト @THEマーキング

 マーキング(刻印)とは
 マーキング(刻印)の種類
 素材別マーキング(刻印)
 マーキング(刻印)の機械化
 これからのマーキング(刻印)
 マーキング(刻印)事例

特殊工具情報サイト @山田マシンツール

 ローレットとは
  QUICKナーリングツール
  ローレット事例紹介
  ローレットトラブルシューティング
  ローレットQ&A
 ねじ転造とは
  ALCOねじ転造ヘッド
  ALCO転造ダイス
  JBO転造ダイス
  ねじ転造事例紹介
  ねじ転造トラブルシューティング
  ねじ転造Q&A
 バリ取りとは
  HSDハイスピードデバリングツール
  バーカットBC
  NIPPS工法
  バリ取り事例紹介
  バリ取りQ&A
 バニシングバイト
 アングルヘッド

技術紹介ブログ @工具屋さん奮闘記

 機械加工技術


刻印機・ローレットなどの技術情報

そりたけブログ:工具屋さん奮闘記 本気で痩せてみろ! 機械工具マスターへの道
技術サイト:山田マシンツール 刻印機 ローレット ねじ転造 THEマーキング 刻印種類