バリ取り技術情報『バリの生成メカニズム』

バリ取り技術情報

 

バリ取りについて、選定から使用方法など

製造現場において、「バリ取りは永遠のテーマ」であると言えます。
特に機械加工で出るバリは加工方向に対して出口方向に硬く大きく出る特徴があり、製品加工終了後、仕上げ工程として手間を余儀なくされます。

このホームページの主そりたけは、元バリ取りツールメーカーの技術営業員をしながら、全国様々な製造現場を歩き、「バリ取り技術=バリテクノロジー」の研究をしてまいりました。
あいにく現在は退社し別業種となってしまいましたが、ここにバリ取り技術の記録を残します。



バリの抑制

バリ取りよりもバリ抑制・・・つづき

そりたけです。

前回ご紹介した、バリ抑制事例

おさらいしますとバリ対策をするならば、出来る限りバリを小さくすることが大事だということ。
バリを小さく、バリ抑制してから、バリ取りを考えることが肝です。
そのためにバリの生成メカニズムをよく理解すること。

で、今回はバリ抑制事例、テクニックの続きをお話します。





溝形状変更によるバリ抑制


バリ取り
参考文献:西技術士事務所 西嶢祐 日刊工業新聞社 機械加工現場診断シリーズ 旋削加工


上記はミッションギヤの油溝に出るバリについて。
旋削で加工するとどうしてもバリが大きく出てしまい、溝部のバリ取りは大変です。
主には真鍮ブラシなどでガシガシ当てて取りますが、その工程を短縮したのが上記の
方法です。


方法は単純ですが、溝角度を変えてバリの出にくい角度にしたもの。
これによりバリは最小化され、バリ取り工程は大幅に短縮・削減されました。

もちろん鍛造金型への負担も減るので、金型コストも大幅に削減することが出来ました。


旋削方向の変更によるバリ抑制


バリ取り
参考文献:西技術士事務所 西嶢祐 日刊工業新聞社 機械加工現場診断シリーズ 旋削加工


前述と同じくこちらもミッションギヤですが、ダボ穴旋削時のバリ削減。
図の通り、通常は製品外側から内側に向かってツールパス@で加工します。
当然、ダボ穴の外側部分は加工出口となるので大きなバリが発生、これもバリ取りは苦労します。


これをダボ穴の芯を中心に、ツールパスAとツールパスBの旋削に分けます。
中心から内側への旋削と中心から外側への旋削にすることで『出口を無くす』という考え方です。

昔はこれでは逆挽き時の面粗度問題でNGでした。
最近ではチップの選択肢も多く、逆挽きでも面粗度が出る方法がたくさんあります。

技術が進んだからこそ出来る、アナログ技術といったところでしょうか。

この様に加工の出口を無くす、減らすというのはバリ抑制の基本であり、肝であります。




工具形状の変更によるバリ抑制

バリ取り
参考文献:切削油技術研究会_自動化のための図解バリ取り技術_(株)工業調査会_1994_190p
メーカー:サイトウ製作所

最近流行の『バリが出にくいドリル』
なぜバリが出にくいのか、これもバリの生成メカニズムを理解するとわかります。

ドリル先端部が加工面に対して鈍角になるので、負の塑性域への影響が小さくなります。
そうすることでバリが小さくなるという考え方になります。

NACHIさんのアクアドリルでフラット型が出てきてますが、この原理ですね。

当然摩耗も通常より早くなり、工具費も上がってしまいますが、穴あけバリが少しでも
楽になるのなら、どれだけのバリ取りコスト削減になるでしょうか?

バリ取り工具を考えるのも大事ですが、バリが出にくい工具を考えるのも大事です。



ということで。

バリを出さない工具、工具パスを考えよ
それが出来なければ、差支えない方向に出せ
それがダメなら、取りやすいように出せ

みなさんが使っている工具は、本当に適正ですか?
バリが余計に出るような方法を行っていませんか?
加工出口の形状は?材質は?

バリ取り、バリ取りと焦っていると大事なことに目が行かなくなります。

製品や図面、工具、機械をよく見て考える事。

私は恩師、西先生からは"見る"だけでなく"観る"ことが大事と教わりました。
ただ見るのではなく、きちんと観察し考える事が大事です。

なぜバリが出るのか?バリを減らせないか?という癖を持ちましょう。


それでは次回はバリ取り方法についての記述に入っていきます。
お楽しみに!



バリ取り・エッジ仕上げ大全

新品価格
¥3,780から
(2014/3/15 21:10時点)

北嶋先生を中心としたバリ取り研究会「BEST-JAPAN」の最新バリ取り情報文献です。

絵とき「バリ取り・エッジ仕上げ」基礎のきそ (Mechanical Engineering Series)

新品価格
¥2,592から
(2014/5/25 16:39時点)

わかりやすいバリ取り勉強の入門編です。比較的新しい本ですので、最近のバリ取り事情などもわかりやすく載っています。

バリ取りの基礎と実務 品質を保証するバリテクノロジー

中古価格
¥10,143から
(2016/10/29 02:06時点)

自動化のための図解バリ取り技術―機械加工現場における152事例

中古価格
¥4,262から
(2016/10/29 02:08時点)

外部参照サイト

刻印機情報サイト @山田マシンツール

 刻印機について
 ナンバリングヘッド
 ネームプレート刻印機
 エアペン刻印機
 ハンディタイプ刻印機
 レーザーマーカー(レーザー刻印機)
 樹脂専用刻印機
 精密ローリング刻印機
 刻印事例紹介
 刻印でのトレーサビリティ

刻印総合情報サイト @THEマーキング

 マーキング(刻印)とは
 マーキング(刻印)の種類
 素材別マーキング(刻印)
 マーキング(刻印)の機械化
 これからのマーキング(刻印)
 マーキング(刻印)事例

特殊工具情報サイト @山田マシンツール

 ローレットとは
  QUICKナーリングツール
  ローレット事例紹介
  ローレットトラブルシューティング
  ローレットQ&A
 ねじ転造とは
  ALCOねじ転造ヘッド
  ALCO転造ダイス
  JBO転造ダイス
  ねじ転造事例紹介
  ねじ転造トラブルシューティング
  ねじ転造Q&A
 バリ取りとは
  HSDハイスピードデバリングツール
  バーカットBC
  NIPPS工法
  バリ取り事例紹介
  バリ取りQ&A
 バニシングバイト
 アングルヘッド

技術紹介ブログ @工具屋さん奮闘記

 機械加工技術


刻印機・ローレットなどの技術情報

そりたけブログ:工具屋さん奮闘記 本気で痩せてみろ! 機械工具マスターへの道
技術サイト:山田マシンツール 刻印機 ローレット ねじ転造 THEマーキング 刻印種類